サイトマップ

会社情報

会社情報

ご挨拶・経営理念

経営理念

  1. 「よい品を、より安く、より速く」を、お客様に提供することを通じて航空宇宙産業に貢献する。
  2. 全従業員とともに、将来に夢と希望を持ち、たゆまず変革にチャレンジし、創造性豊かな収益力のある企業を構築する。
  3. お客様と、従業員を大切にする、その為に利益を確保する。

ご挨拶

佐々木鉄二社長
創立100周年に向けて技術を極め、業界に新しい芽を吹かせます。
 当社は一部上場企業、株式会社今仙電機製作所から航空宇宙部門が独立し、 1967年に設立されました。主にワイヤーハーネスの製造事業と、ハーネスや油圧部品を 機体に取り付ける艤装事業を手掛け、世界中の空を駆け巡る航空機やロケットなどに 当社の技術が活かされています。大手企業を中心に多数の取引先を持ち、 高品質な製品・技術力に高い評価をいただいています。

 創立50周年という節目で社長に就任いたしましたが、創業時と比べると時代も技術も大きく変化しました。 当初は何もないところから技術や概念そのものをイノベーションする時代でしたが、現在は様々な安全規制が 設けられ、基準が標準化されるようになりました。さらにグローバル化が進み、受注環境が大きく変わろうとしています。 その中で当社は、得意先からの指示待ち体制ではなく、自社の強みをもっと明確にし、顧客にアピールする提案型企業に 変換していくことが喫緊の課題となっています。この変換の種まきは前社長がしっかりと行ってくれたので、 大切に育てて芽吹かせ、花開かせていくのが私の役割であると考えています。その為には社員の持つ技術を昇華させ、 世代交代しながら継承していくことが重要です。当社としての特色を見極め、攻める力を培養していくことが 次の50年に繋がる礎になっていくはずです。

 また、社員にはもっと仕事に愛着を持ってもらい、夢中になることで自分の力をどんどん発揮し、 やりたいことに繋げていくことが一番と考えます。評価基準という制約もあり、新しい技術を即取り入れるのが 難しい部分もありますが、限られた条件の中で極めていくやり方を見出していくことに、これからの仕事の 面白さがあるのではないかと思います。そういった向上心、探究心を持った人が会社に集まり、色んなことを 提案していくことで変革の時代を乗り越え、100年企業へとつながる新たな【東洋航空電子】を創造して参ります。